ナレッジブログ

2006年8月

« 2006年7月 | 2006年08月 | 2006年9月 »

ボランティア・NPOの集い参加者募集!

最終更新日: 2006年8月22日

県民活動センターからボランティア・NPOの集いのご案内がありました。
内容は下記のとおりとなっております。
多数の方のご出席をお待ちしています。

1.日時 平成18年9月8日(金)午後1時30分~4時
2.場所 福井県国際交流会館 多目的ホール
3.内容 社会貢献知事表彰式
     講演 「市民参加のまちづくり
          ~パートナーシップで築く豊かな地域づくり~」
      講師 特定非営利活動法人 NPO高知市民会議
          専務理事 内田洋子 氏
4.対象 一般県民の方、NPO関係者、県・市町村職員
5.申込み 8月30日(水)までに事務局までお申込みください。info@knowledge-f.jp

敦賀市社協 視覚障害者対象パソコン講習会

最終更新日: 2006年8月10日

今年も、敦賀市社協 視覚障害者対象パソコン講習会が開催されました。

16年度より毎年開催していることから、基本操作は卒業されている方がほとんどで、今回は、インターネット活用術についてと、それぞれに質問をお持ちいただき対応する形を取りました。

17年度講習会の様子

敦賀会場では、毎回、敦賀気比高校や、敦賀工業高校の高校生ボランティアさんがお手伝い下さり、会場は若さで華やいでいます。^^
うれしいことです。

» 続きを読む

お盆事務所休所のご案内

最終更新日: 2006年8月 7日

暑中お見舞い申し上げます。
平素は格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、下記の期間、誠に勝手ながら事務所をお盆のため
休所にさせていただきたく、ご案内申し上げます。

1.お盆休所期間  8/12(土)~8/16(水)

18年度 視覚障害者対象パソコンボランティア養成講座の受講生募集!

最終更新日: 2006年8月 4日

インターネットと音声ソフトの普及で、目の不自由な方々も手軽に情報収集が可能になってきました。
あなたも目の不自由な方々のパソコン利用のお手伝いをしてみませんか?
ナレッジふくいでは、今年も視覚障害者のためのパソコンボランティア養成講座を開催します。

開催日 9月2日(土)
会場  福井県立盲学校(福井市原目39-8 電話 0776-54-5280)
時間  9時30分    受付開始
     10時から12時 視覚障碍の理解
     12時から13時 昼食
     13時から16時 各種音声ソフトの実習
参加費 無料(8月28日月曜までにお申込み下さい)
参加条件 パソコンで基本操作ができ、パソコンボランティアに興味ある人
申込み NPO法人ナレッジふくい
       電話 0776-54-0828 福井市長本町206番
     福井県ITサポートセンター
       電話 0776-27-1632 福井市光陽2-3-32
主催  福井県ITサポートセンター、ナレッジふくい

モバイルITによる地域活性化懇談会の参加者募集!

最終更新日: 2006年8月 4日

福井県生活学習館からのご紹介です、福井大学ではモバイルITによる地域活性化懇談会の参加者を募集しています。ご興味のある方はどうぞお越し下さい。

日時 8月7日(月) 午後2時~
場所 福井大学地域共同センター3階研修室
議題 1.モバイルITを軸とした地域IT推進に関する政府の施策・制度
    2.生活支援への取り組み事例
    3.プロジェクト形成など今後のあり方
    4.その他
主催 福井大学
協賛 NTTドコモ北陸
後援 福井県情報システム工業会
    福井商工会議所
連絡先 福井大学大学院工学研究科 高橋 0776-27-9709

福井市社協 聴覚障害者対象のケータイ教室

最終更新日: 2006年8月 2日

福井市社協主催の「聴覚障害者対象の携帯電話による電子メール講習会」が開催されました。

災害等の緊急時には、聴覚に障害を持つかたは、電話による情報伝達や情報の入手が困難なことから、今回、NTTドコモ北陸さんにご協力いただき、携帯メールや携帯インターネットによる情報入手のための基本操作について学んで頂きました。
実際に、災害時の情報提供サイトにアクセスして登録の練習していただいたりと、少し苦戦しながらも、7名の聴覚に障害をお持ちのかたはとても熱心に受講されていました。
手話ボランティアさんによるフォロー

今回は、ドコモ北陸さんが、携帯電話(らくらくフォン)の貸与および、講師、サポーターを務めてくださり、私をはじめとするサポーターもたいへん勉強になりました^^
ドコモ北陸のみなさん、ありがとうございました。
講師と手話通訳者の連係プレイ

教室終了後にも、機器選定や契約について、また、お持ちの携帯のカメラ機能についてなど、質問が多数ありましたが、ドコモさんも手話通訳さんも、最後まで丁寧に対応して下さいました。
受講者のみなさんは「日頃から、分からないことはたくさんあるけど、お店には手話ができる人がいないので躊躇してしまう」「このような機会があって嬉しい」とのことでした。

骨電動レシーバー
らくらくフォンと、発売を前に紹介いただいた「骨電動レシーバー

» 続きを読む

福祉教育フォーラム参加者募集!

最終更新日: 2006年8月 1日

福井県ボランティアセンターでは下記のとおりフォーラムを開催します。参加してみませんか?

「感じる心を養い、人とのかかわり方」を学ぶことが福祉教育です。子どもと大人が共につくるあなたのまち、皆さんも身近な地域から福祉教育をはじめませんか? はじめたまちから輝き出しますよ!」

日時 平成18年8月5目(土)13時30分~16時30分
会場 福井県自治会館2階多目的ホール
     福井市西開発4丁目202-1 TEL(0776)57-1111
内容 基調講演 演題「“えにし’’でつながる人と人(仮題)」
     講師国際医療福祉大学大学院教授・元朝日新聞論説委員大熊由紀子氏
     朝日新聞社套部記者、科学部次長などをへて論説委員に。
     主に福祉、医療の社説を17年間担当。大阪大学大学院客員教授、佛教大学客員教授、
     中央社会福祉審議会、公衆衛生審議会委員、医療審議会の委員等歴任。
     『寝たきり老人のいる国いない国』, 『こんなまちなら老後 は安心」など著書多数
    フォーラム 「支え合いでいかに福祉のまちづくりを進めるか」
     -各地で住民に身近な課題を取り上げて、福祉教育を考える-
      コーディネーター1 大熊由紀子氏
      発表者1 越前市立武生第二中学校教頭佐竹下氏
      ◇実践中!学校のあらゆる場面で福祉を耳又り入れ、子どもの生きる力を膏む。
      社団法人ふくい・くらしの研究所理事玉村七重氏
      ◇実践中!身近なところで子膏て支援にボランティアで耳又り組む。
      NP0法人ウエットランド中池見理事長笹木智恵子氏
      ◇実践中!自然を通して、感性を養う耳又り組み。子どもにも大人気。
      氷見市ボランティア総合センター所長森脇俊二氏
      ◇実践中!福祉教官推進の要、全国でも進先駆的な取り組みを展開。
      福井市社地区民生委員児童委員協議会主任児童委員室埜順子氏
      ◇実践中!子どもの居場所調査を実施。浮き彫りになった様々な課題。発表は会場にて!
参加申込・問合せ  福井県ボランティアセンター
       郵便番号 910-8516 福井市光陽2-3-22福井県社会福祉協議会福祉のまちづくり推進課
       電話 0776-24-4987 Fax0776-24-0041
       e-mail:volunt@f-shakyo.or.jp

福井県ボランティア作文コンクールの作品募集

最終更新日: 2006年8月 1日

福井県ボランティアセンターでは例年ボランティア作文コンクールを開催していて、現在作品を募集しています。
テーマ  1.ボランティア体験を通じて感じたこと
      2.ボランティアについて考えていること
応募部門 小学生の部、中学生の部、高校生・一般の部
応募要項 ①作品は、400字詰め原稿用紙2枚以内にまとめてください。
       ②応募の際は次の事項を記載した別紙を作品に添付してください。
       標題、応募部門(小学生の部、中学生の部、高校生・一般の部)、
       氏名(ふりがな)、年齢、性別、住所、連絡先電話番号
       ※学生の方は学校名・学年も必ず記入してください。学校でまとめて応募いただく場合は、
        学校の住所、電話番号の記載のみで結構です。
       作品は未発表のものに限ります。作品の諸権利は福井県社会福祉協議会のものとします。
       応募された作品につきましては返却しません。
       なお、ご記入いただいた個人情報は本コンクール事業にのみ利用させていただきます。
       入賞者につきましては入賞作品とあわせて学校名、学年、氏名(一般については氏名のみ)
       を公表します。

» 続きを読む

« 2006年7月 | 2006年08月 | 2006年9月 »