ナレッジブログ

2008年8月

« 2008年7月 | 2008年08月 | 2008年9月 »

障害者サポートの実例3(視覚障害者Iさん)

最終更新日: 2008年8月27日

視覚障害をお持ちになりながら一人暮らしをされている方もたくさんいらっしゃいます。今回サポートに伺ったIさんもそのお一人で、中途失明の全盲の方ですが、ご両親が他界されてからは、盲導犬のマレックと一緒に暮らしていらっしゃいます。
Iさんは現在、パソコンの便利な機能をフルに使っていらっしゃいます。たとえば音声ソフトと検索ソフトを使って生協などの注文や、辞書検索。スカイプを使って遠方のお友達とお話したり、らくらくリーダーを使って通帳や郵便物などの読み上げをして整理するなど様々です。スカイプにいたっては、スクリーンリーダーの音声によって、リアルタイムに喋りながら操作方法を友達から聞いたりされてもいました。また、インターネットを使って電話料金の確認などもしていて、携帯電話に関しては、ポイントの有効期限なども確認できるので便利ですとのことでした。Iさんは上手に日常生活にパソコンを取り入れて使いこなしていらっしゃいました。

携帯電話に関しては、ポイントの有効期限なども確認できるので便利ですとのことでした。Iさんは上手に日常生活にパソコンを取り入れて使いこなしていらっしゃいました。

ですが、それまでにはいろいろなご苦労とサポートがありました。
Iさんの今までのサポートは、下記のとおりです。
---------------------------
【サポート内容詳細】2005/6/30 [木]
盲導犬マレックのコート作成
夏用にサッカー生地(ブルー)と綿(深緑に白の水玉模様)
レインコート(緑)の計三枚作成
 最初のサポートは、愛犬マレックのコート作成。すっかり仲良しになれました。

それまでにはいろいろなご苦労とサポートがありました

【サポート内容詳細】2006/5/29 [月]
・ネット辞書リーダーが使えない。
・MMメール携帯からMMメール2に変更したい。
・Skypeを使いたい。
以上の点の内、ネット辞書リーダーのサイトへは接続できそうにないので、サーチエイドを紹介しました。他に、操作が類似なので、ニュースtoスピーチも紹介。skypeはスクリーンリーダーに対応できる古いバージョンをインストールし、諸設定済み。MMメールは、変更しないとのことで、関係するもの全てをCDで渡しました。

【サポート内容詳細】2007/2/26 [月]
VDMW300とMMメール携帯環境で、skype1.4を使う設定実施。昨年Ver1.4で可能とのことでインストールし、自分で起動するようにしたが、ログイン出来なかったり、スクリーンリーダー動作が大変不十分でした。今回、スクリーンリーダー動作改善のため、更に古いバージョンをインストールし、更にVer1.4を再インストールし、XMLファイルの一部を書き換えやや改善し、被支援者の友達の助けもあり、何とか使えそうに思えました。

【サポート内容詳細】2007/3/5 [月]
skypeで何故かログアウトしてしまい、再ログイン出来ないため、ログインし、ログイン画面の説明をしました(MMメール携帯使用のため、skype1.4、VDMW300はログイン画面に対応せず)。
他に、skype電話帳をインストールし、動作確認し、設定と操作を説明しました。

【サポート内容詳細】2007/11/20 [火]
ウイルス対策ソフト期限切れの対策依頼で訪問。Norton AntiVirus2005をアンインストールし、AVGの日本語(フリー)版をインストール。併せて、他のセキュリティソフトとの違い(フィルタリング機能やスパム対応がない)を説明。
ニュースtoスピーチの福井新聞と日刊福井のモジュール追加。
その他連絡事項:
VDMW300インストール済みですが、何故かMMメールの添付ファイル(ワード文書)を読上げませんでした。とりあえず、全文選択してクリップボードにコピーして読上げる事ができる説明をし、試してもらいました。
---------------------------
以上、マレックのコート製作からウイルス対策ソフトやスカイプの設定操作などで関わりを持っていただく中で、鯖江市の小学校で盲導犬についてお話してほしいというご依頼があり、ナレッジふくいの事業として伊登さんにご協力もいただきました。
その時の様子はhttp://knowledge-f.jp/2008/01/post_164.htmlをご覧ください。

その後、Iさんもナレッジふくいの活動をご理解いただき、正会員として登録をいただくことになりました。
以後は、メーリングを通じてのサポートもありました。
--------------------------------------------------
【サポート内容詳細】(メールにて依頼と回答)
・お気に入りに登録してあるHPをいくつか削除したいのですが、音声ガイドで削除する手順をどなたかご指導ください。
 > お気に入りの削除方法は、二つ考えれますが、AOKメニューのMy Fileからの操作がわかりやすそうなので、説明を試みます。
> 1.My Fileを起動したら、「Back Space」を数回押し、「ドライブ選択」と読み上げるの待ちます。
> 2.Cドライブを選択し、「Enter」を押します。
> 3.Cドライブの中へ入ることになります。下向きカーソルキーを押して、「Documents and Settings」を見つけ、更に「Enter」キーを押します。
> 4.「Documents and Settings」のホルダーへ入ることになります。下向きカーソルを押して、「ユーザー名」のフォルダーを見つけ、更に「Enter」キーを押します。
> 5.いよいよ、いろいろな設定を含むファイルが有るところです。下向きカーソルキーを押して、「Favorites」を見つけます。
> 6.見つかったら、「Enter」キーを押します。すると、お気に入りが羅列されています。下向き(上向き)カーソル操作でサイト名を読み上げます。
> 7.不要なサイト名を見つけたら、「Delete」キーを押します。すると、削除確認の窓が開き、左右のカーソルキーで「ゴミ箱へ移す」、「削除」、「キャンセル」の操作を選択できます。 インターネットエクスプローラからの操作も可能ですが、削除の際の「Tab」キーの操作が多く、混乱も予想されるので、上の方法を試みて見ました。
---------------------------
そして今回は、雷のひどかった後、インターネットが繋がらないという依頼があり訪問。
結局、プロバイダーに来てもらいモデムの交換をしてもらうことに。料金も派生せずにすみました。
Iさんにこれから何をしたいか、どんなサポートがご希望か?とお尋ねしたところ、音声対応の家計簿ソフトも出ているので、トライしてみたい。パソコンボランティアについては大変助かっていると喜んでいただけているご様子でした。
Iさんには、将来への不安を抱えている若い他の視覚の方々への、よき理解者相談者として、ナレッジふくいの中で活動してもらえると嬉しいです、これからもナレッジふくいの活動にご協力をどうぞよろしくお願いします。

福井マラソン赤い羽根チャリティラン意志あるランナー募集案内

最終更新日: 2008年8月18日

福井県共同募金会さんでは、例年共同募金のPR事業として
福井マラソンにてチャリティーランを実施していらっしゃいます。

よし!一緒に走ってみようと思われる方は
直接共同募金会宛てに奮ってお申込ください。

1.主旨 共同募金チームを編成し、走りながら、
広く県民に共同募金運動の開始とさわやかなイメージをPRします。

2.日時 10月5日午前9時~11時(雨天決行)

3.コース 5キロの部(ワシントン前~福井運動公園)

4.参加費 3,500円(マラソン参加料2500円+募金1,000円)

5.申込 8月20日までに福井県共同募金会へ
      氏名(ふりがな)、性別、住所、電話番号、生年月日を
      FAX(0776-22-3093)にて


※ 募金のみの受付もします。

聴覚障害者のための携帯教室(AU編)

最終更新日: 2008年8月 3日

福井市社会福祉協議会主催で聴覚障害者のための携帯教室が開催された。
毎年続けてきたDOCOMO編、ソフトバンク編に続き、今回はAU編で、
講師はKDDI福井支店さんからお願いした。
ナレッジふくいはこの講習会のコーディネーターとして関わる他、
聴覚でも手話を得意としない方を対象に、ノートテイクのお手伝いもした。

最終回には、災害伝言板の使用方法を学ぶ他にも
聴覚障害者の方を対象とした携帯会社の独自のサービスを紹介。
聴覚の方には、障害者割引があるため、割安なプランも紹介された。
(例えば)
プランSS 1800円→900円に。
EZウエブ300円とパケット割1,000円を加えても2200円というプランが
初心者向けには有効など。

詳しくはお近くのAUショップへ直接お問い合わせください。

障害者サポートの実例2(肢体障害Hさんの場合)

最終更新日: 2008年8月 2日

ナレッジふくいの障害者サポートの中で、視覚の方の次に多いのが肢体の方を対象としたサポートです。障害の程度によりますが、下肢不自由の方はなかなかパソコン操作が難しく、それでも頑張っておられるHさんのサポートについてご紹介します。

Hさんのサポートは、妹さんがナレッジふくいの初心者サークルにいらっしゃるようになって、ご相談を受けたことから始まりました。
はじめは停電によるインターネットの再設定がサポート依頼でしたが、その際にご本人が自分史作りをされていることをサポーターが聞き、この作成にご協力することになりました。その後、下記のとおりサポート依頼ありました。
----------------------------
一太郎を使って原稿を作成しているのですが、行間が詰まり、重なって表示されることでサポート依頼があり。
ESCからメニューより、書式設定で調整。
行間を広げてみると、空白行があり、これを削除。再度もとの行間に戻し、表示も正常となり、解決したと思います。
DOS版一太郎のメニュー方式で、ツールバーが出てこないので、少しとまどいました。
---------------------------
このあと、原稿作成のためにキーボードを足指で操作される様子を見ている中で、サポーターが自主的に下記の環境づくりを思いつき、対応された例が下記のとおりです。
---------------------------
マウスの滑りが悪いので、裏へ高密度ポリエチレンテープを貼りました。
キーボードを床に置き、足指で操作されるので、ホコリがたまりやすく、不潔になりがちでしたので、余分に手持ちのフレキシブルキーボード(注意すれば水洗い可能)を勧めました。台が必要でしたので180mm対して20mmの傾斜の木の台を作りこの上で使いました。USBハブは手持ちの1.1の物を流用しました。
更に20mmの傾斜を希望されます。本等を置けば済むことですが、適切な台になる物を探し、対策予定しています。
--------------------------
人口足爪をつけて、キーボード台に乗せたキーボードを器用に操作する様子
この時のキーボード台は、妹さんの発案で滑り止めを付け、このようにして使っていらっしゃいます。
(人口足爪をつけて、キーボード台に乗せたキーボードを器用に操作する様子)

そして、Hさんの努力とサポーターの手伝いにより、自分史は完成されました。
完成された自分史『おふくろ 命をありがとう』の表紙
(完成された自分史『おふくろ 命をありがとう』の表紙)

その中から前文をご紹介します。

巻頭に添えて
お袋へ
俺を生んでくれてありがとう
お袋、足の具合はどうだ。
早く良くなって帰ってこい。
面と向かってはなかなか言えないが、お袋の思考力がしっかりしているうちに言う。
俺 発病して以来63年、お袋の人生の3分の2以上、「旅行していても、友達と談笑していても、頭のどこかにお兄ちゃんのこと引っ掛かっていて、心から笑ったことが無かった」と言っていた。
しかし、欲を言えば切が無いが俺は俺なり、はる婆や親父、お袋や健一・不至子達の
お陰で十分に幸せだったと思っている。
健常者には取るに足らない些細なことにも、不虞故に喜びを見つけられ、楽しみを味わうことも出来た。
お袋は俺が発病したのは自分のせいだと思い、痛い足を引きずりながら精一杯俺の世話をしてくれた。
それに甘えて阿保・馬鹿だと言いたい放題の悪態を吐き、こき使ってきたがごめんなさい。
此れからなるべく、やれることは自分でやる。
最後に、他人から見れば取るに足らない命かもしれないが、俺を生んでくれてありがとう。

この自分史は、257ページの大作で完成されました。

もともと、歌謡曲風の作詞をするのがお好きなHさんは、今は作詞活動をされています。
若い頃からの作品は、すべてデーター化されていらっしゃいました。
今回は下記のサポート依頼があり対応していました。

------------------------
1.送信側の故障か受信の方が悪いのか、新しいキーボードが動きません。それに足の指  が引っかかり、押し込みボタンがはがれてしまいました。
2.お陰様で一太郎は仮名や漢字が使えるようになりましたが、メールはまだ仮名も漢字も使えません。
3.なぜか一太郎の株関連ファイルのデーターが3-4年も前のものにタイムスリップしました。この間少なくとも100回くらいは上書きしているはずですが、現在の最新 データーに戻すのは無理ですか。
4.余計なボタンに触れては上に出ている文字変換バーの表示がなくなり、仮名も漢字も  出てこないことがたびたびあります。バーの呼び出し方ををお教えください。
------------------------
指の引っかかり対策に、添付写真のような親指キャップ(人口足爪)を作ってみました。

これがその人工足爪
(これがその人工足爪の写真です)

Bluetoothキーボードは電池切れが早いので交換しました。
以前に保存したファイル名が分かっていれば、読み出せると思いますが、何かの拍子で自動でバックアップされたファイルを開き、修復させるとおかしな事になるかも知れないので、オフィス8をインストールして、一太郎2006を使用することにしました。
漢字変換バーは、下の方のタスクバーかタスクトレイに入ってしまったので、これも復旧しました。
フォルダを作ってよく使うファイルを整理し、わかりやすくしました。

サポートしている様子
(サポートしている様子)

---------------------------
人口足爪の効果はよかったようで、下記のようなうれしいメールもいただけました。
>  人工足爪は快適です。
>  隣のボタンを一緒に打つ失敗がほとんどなくなり、打ち込み時間が大きく短縮されました。
>  ほんとうに有り難うございました。

人口足爪の材料1組の写真
(これが人口足爪の材料1組の写真です。)
ナレッジふくいの事務所にがありますので、ご覧なることができます。
(人口足爪の作り方)
①キャップの先端は木ねじで止める
②ホットメルトで角度をつける
③センターに印線をつけ、先端部がわかるようにする。

---------------------------
また、電源のON/OFFを容易にするために、手元操作スイッチも考案。本体に手を伸ばさなくてもスイッチを操作できるようにしました。

手元スイッチの写真
(手元スイッチの写真)

10年位前から車椅子になり、最近は外出も少なくなられたHさん。リハビリも家の中でされていらっしゃるそうです。
なかなか出かけられないため、メールのやり取りできるメル友を募集されています。
これをご覧になった方、よければナレッジふくい事務局までご連絡ください。info@knowledge-f.jp
追ってご連絡先をお教えします。

地域福祉推進セミナー開催のご案内

最終更新日: 2008年8月 1日

福井県社会福祉協議会より、全国社会福祉協議会主催のみだしのセミナーのご案内がありました。
これは、「これからの地域福祉のあり方に関する研究会」の報告の内容説明と新たな支え合いの構築に不可欠な住民や関係機関、自治体との協働に注目し、先駆的な事例の紹介と意見交換を行なうみだしセミナーで、全国7ブロックで開催することになられたそうです。

日時 8月26日(火曜)午後1時開会 5時終了
場所 ユアーズホテルフクイ
参加 2,000円
問合せ 全国社会福祉協議会 地域福祉部へ直接お問い合わせください
電話 03-3581-4655 FAX 03-3581-7858
      Email z-chiiki@shakyo.or.jp

詳しくはこちらをご覧ください。

「キャリアアップ応援講座」と「女性のビジネスライフを楽しくするミニ講座」のご紹介

最終更新日: 2008年8月 1日

福井県の男女共同参画推進課から女性を対象とした下記の講座のご紹介がありました。
「キャリアアップ応援講座」
詳しくはこちらをご覧ください。

「女性のビジネスライフを楽しくするミニ講座」
詳しくはこちらをご覧ください。

興味のある方は、ユー・アイふくい男女協働参画推進課まで直接お申し込みください。
電話 0776-41-4200(お名前、連絡先、年代をお知らせください)
FAX 0776-41-4201
Email seikatug@pref.fukui.lg.jp 

« 2008年7月 | 2008年08月 | 2008年9月 »