事業紹介

ナレッジふくいがおこなっている主な活動を紹介します。

情報のバリアフリー化の推進を支援

情報技術の進歩によりパソコンやインターネットは身近なものになり、いながらにしていつでも、手軽に、瞬時に世界の情報を収集、交換することができる媒体として生活の中に浸透してきています。それは移動に制約のあるかたやコミュニケーションが困難なかたにこそ、より有効なものであり、生活をより豊かにするものだとナレッジふくいは考えます。

しかしながら、現状では残念なことに多くの障壁が存在します。キーボード入力が困難、マウスを握れない、画面の文字が見えない・・。ナレッジふくいでは、それらのバリアを取り去る一助となる各種支援機器やソフトの紹介、指導を行なっています。

支援ソフトや機器の紹介

パソコン講習会

社協等と協働して、障害を持つかたを対象とした各種パソコン講習会等を開催しています。

パソコン相談会

社会福祉協議会から委託を受け、パソコン相談会を開催しています。

パソコンボランティア

パソコントラブルの原因は, ちょっとしたことであることが多いものです。また, 少しの経験で迷いを解決できることなどもあります。そんな時, 近隣の人が互いにサポートしあえる社会を目指し、パソコンボランティア活動を行なっています。ボランティアは随時募集しています。

パソコンボランティアの養成

あなたの力をお貸し下さい!必要としながら学ぶ機会に恵まれないかたが待っていらっしゃいます。「興味はあるけど、何をすれば・・?」「私にも出来るかしら・・?」ご安心下さい。パソコンボランティア活動に必要な、各種障害理解や障害に応じた入力機器・ソフトについて学ぶ「パソコンボランティア養成講座」や、更なる技術向上を目指した「自主学習会」を行なっています。「パソコンボランティア養成講座」は、平成16年度からは、福井県障害者ITサポートセンターと協働し開催しています。

有料個別PCサポート(プロサポート)

障害者用の特殊入力機器やソフトは, 一般のお店で細やかなサポートを受けることが難しいものです。ボランティアで対応できないことは、経験豊富なプロをご紹介します。

障害を越えた交流会の開催

障害を越えた交流や学習会を開催しています。

補助犬の理解促進、啓発活動

サポートの中で出会った方々から、いろいろなお話をお聞きすることができます。
もっと知ってください、補助犬のこと。

楽しいパソコン利活用術を指南

ナレッジふくいでは, パソコンをもっと学びたい・活用したいというかたのために、各種講習会の開催やパソコンサークルへの支援、また、集いと学びの場「まなぼねっとサロン」を主催しています。

まなぼねっと」ってなあに?

「一人でパソコン」から「みなで楽しむパソコン」をテーマに、楽しい仲間作りをご提案しています。

パソコン学習サークルを応援

各種パソコン学習グループ(サークル)へ講師を派遣し、「日常でのパソコン活用術」を学び実践して頂いています。

また、一層のパソコンスキルアップを目指すかたには、会員価格での各種講習会や個人レッスンで、どんどん新しいことに挑戦していただけます。資格取得講座を受講されたかたからは合格の喜びの声が届いています。

好評開催中の「パソコン無料相談会」や「デジカメ写真クラブ」「イラストあーとくらぶ」「PCクラフトクラブ」等、初心者のかたでもじっくり楽しんでいただける部会も続々発進予定です。

まなぼねっとのウェブサイト

まなぼねっとサイトは、会員以外のかたも楽しめますので、 是非、訪ねてみてください。

まなぼねっとサロン

まなぼ記念写真

ご自宅やサークルでのパソコンの分からないことを教えあったり、お食事会やお茶会での懇親、ミニ講習会では、お得意の趣味の披露や情報交換でおたがいを高めあったりと、「まなぼねっとサロン」は集いと学びの場です。「まなぼねっと」会員のみなさんは、とても多趣味で、毎回のサロンは驚きと感動の連続!30代から70代のかたまでのメンバーが思い思いに集い楽しんでいらっしゃいます。

シニア情報生活アドバイザー養成

パソコン修得に年齢は関係ありません。地域で情報リーダーとして活躍してみませんか?ナレッジふくいは、「シニア情報生活アドバイザー養成講座」の福井県の実施団体です。シニア情報生活アドバイザー資格を取得した方々は、ナレッジふくい内外で指導者として活躍されています。団塊の世代のかた、学びを活かした社会参加はいかがでしょうか?

情報セキュリティー支援

パソコンやインターネット上のセキュリティー教育や対策を支援します。ナレッジふくいは、「インターネット安全教室」の福井県の実施団体です。

 ≪以上、2006年06月25日≫